その国の言葉を習得したいのならネイティブ講師がおススメ

その国の言葉を習得したいのならネイティブ講師がおススメ

私は昔から様々な国にホームステイや留学経験があるのですが、そこで問題になってくるのが言葉の問題です。ぶっちゃけて言うと、言葉が通じなくても、ある程度の単語や言い回しができるだけでも生活に支障はありません。しかし、その国の言葉を習得したいためにホームステイや留学をするのですから、勉強は必要です。

そこで、例えば英語を習うとして、日本の講師とネイティブの講師、どちらが効率的に英語を学べるかというと、言うまでもなくネイティブ講師の方です。何故なら、その国で流行っているものや独自の文化に触れることができるからです。ネイティブの講師とマンツーマンだったりすると、日本語が使えないので不安に思う方もいるかと思いますが、そんなことはありません。

その不安があるからこそ伝えようと頑張れるからです。ただ一つだけデメリットを挙げると、そのネイティブ講師色に染まってしまうことがあることです。私は、あるネイティブの講師から「好きなアーティストは誰?」という回答に困って、おススメを教えてもらったのですが、見事にハマってしまって、そのせいで、メタルやグランジといった音楽が未だに体から抜けません。

これはオーストラリアにホームステイした時に思い知ったのですが、グランジを連想させる言葉が出ただけで、ちょっと差別されました。なぜかというと、そういうアーティストの熱狂的なファンが気持ち悪いらしく、日本でいうところの嵐が大好きなアラシックの人みたいに見られたためです。とりあえず、よくも悪くも悪いもの、いいものという区別がついて自分の視野が広がるのでいい経験になりました。