英語の助動詞ってこんなに難しかったっけ!?

今はすこーしだけ英語の勉強をしているのですが、今となっては問題なくても、文法書を見ているとこんなに複雑だったっけ!?とびっくりしたものがありました。それは、助動詞!中学までならこれはこういう意味だと覚えていけば良いだけのものですが、高校レベルのテキストとなると、こんな風に覚えたっけな、というほどの量でした。助動詞自体の量は少ないのですが、それに対する日本語訳が多いのです。私は長文読解の時には、悪く言えば適当に意味を紡ぎだしていましたが、これって全部暗記して、1つ1つあてはめていくタイプの人もきっといますよね?だとしたら凄い根性だと思います。

確かに言われてみれば、あらためてこんな意味だよなーと思いながら読んでいましたが、いちいちこんなことを考えていては読み進められないだろうとも感じました。私は当時、おそらく暗記ではなく、文脈から捉えるとか、何かしら別の方法で助動詞は勉強していたのだと思います。でも、細かいところは忘れていました。

イギリス英語や丁寧な英語ではこの助動詞が使われることもあるんだよ、とコラムに小さく書いてあったり、そこは確かにカッコ抜きされて「ここには何が入る?」と言われたら何だろうと思ったことでしょう。細かいことを気にせず解くタイプでしたが、それでもやってこれたので丸暗記タイプでなくても良いと思います。名前をつけるとすれば、感覚派タイプかな?どちらが良いとかはわかりませんが、勉強し直して改めてびっくりした出来事でした。