英語は夢のある教科であると思います

英語は中学生になってからいきなり登場する科目です。ですから難しいと感じてしまうかもしれません。ですがやればやるほど奥深いものですね。

実際に英語を学んでいると感性が育ちます。物事に対する考察力も向上するのではないでしょうか。例えば日本語だけでは表現できないようなこともあります。英語で表現をしたほうがわかりやすいことは多いです。

物理の学術書を読むときには英語で書かれているものも多いので、英語ができないと門前払いされてしまいます。それは困ります。ですから英語を学んでおくと得をすることができます。

英語学習をするときにはそれを仕事に活かすことも考えてから取り組むことが出来ます。英語ができれば通訳をすることも出来ます。翻訳を生業することも可能です。つまり学べば学ぶほど便利なのですね。

英語を学ぶ方法は教科書を活用するだけではありません。自分で海外のサイトを訪れて書かれている文章を読むだけでもいいのです。

本場の英語に触れ合うことで身につくこともあります。分からなかったらインターネットで単語を検索することも出来ます。今の時代は辞書を持っていなくても単語の意味を調べることが出来ます。しかも時間はほとんどかかりません。

勉強をすることは楽ではありませんがそれを乗り越えていくと、色々な楽しいことがあります。そうなってくると勉強も続けたくなってしまいます。今後は英語を使って会話などもしてみたいです。そして細かい部分のルールも把握していきたいです。