英語学習をする上で目標を下げることにした

英語学習をする上で目標を下げることにした

つい最近、英語学習をするうえで完璧を求めるのはやめようと思いました。英語ネイティヴの人たちとバリバリに話せるようになりたいだとか、英語の読み物をペラペラと読めるようにだとか、ハリウッド映画をネイティヴの人と同じように見て笑ってということができるようになろうというのを目標に掲げるのはやめようと思ったのです。

ようはそこまでなれなくても良いやと思うようになったのです。もちろんそのレベルに到達できた方が良いのですが、そこを目指していると自分が辛くなるんですね。目標が高い分だけ自分へも高い負荷をかけざるをえなくなりますし、できなかったときは失望も大きくなってしまいます。そういう状況を作ってしまうよりも、もっと低く目標を掲げてもっと楽しく英語学習を楽しもうと思ったんです。

幼い頃に海外に住んでいたとかではないのだから英語を話せたり書けたり読めたりできなくて当然なんですよね。そのうえで、完璧を目指さず少し話せるようになれたら良いのではないかと考えるようになったんです。それでもかなり世界は広がりますよね。流暢に話せなくとも意味は伝わりますしね。それで充分なのでと思います。

むしろまずはそこを目指してやっていかなければなりませんよね。高い目標を掲げていても辛いだけですからね。まずは小さな目標から達成していくんです。そして、それで良いやと満足することも大切です。そうやってこれからは英語学習を楽しんでいこうと考えています。