何はともあれ覚えておきたい英語フレーズは「Would you like ~?」

何はともあれ覚えておきたい英語フレーズは「Would you like ~?」

私は中学、高校、大学と英語をかなり勉強したはずであったのに、ネイティブが気軽に使う英語フレーズが全くもって、頭に入っていないことを留学中に感じました。そんな経験をもとに、覚えておくといいよ!という英語フレーズを紹介します。

これから、外国に行って英語を話そうとしている人が絶対に、覚えて欲しい英語フレーズは「Would you like ~?」です。日本では、「何々がしたいですか?」という英語フレーズは「Do you want to~?」をしょっぱなに習いますよね。それから、「何々か欲しいですか?」という英語フレーズは「Do you want~?」と先生は言っていましたよね。確かに、間違いではないんです。

でも英語ネイティブの礼儀正しい大人や育ちの良さを感じる人は、「Do you want~?」よりも寧ろ、「Would you like ~?」を頻繁に使うということが私の実体験で感じたことです。礼儀正しい日本人が、公の場や、先生、ホストファミリーに使う英語はやはり、「Do you want~?」よりも「Would you like ~?」だと私は思います。

同じように、自分は「何々がしたいです」は、「I want to ~」よりも「I would like to~」のほうが、日本人の礼儀正しさを表現する英語としてぴったりときます。そして、お店屋さんで、「これをいただきたいです。」というような気持の時にも、やはり、「I want ~」よりも、「I would like ~」や「I would like to have~」のほうがしっくりときます。

礼儀正しい英語を話している気分の時は、ぜひ、この「Would 」と「like」を使ってセンテンスを作ることをお勧めいたします!