学校英語教育の弱点をカバーする英語学習をプラスし英語の完全マスターを目指そう

現代のグローバル化した時代には、ビジネスの世界では英語はまさに必須となっています。かつては大企業の輸出入などに関わる一部の人にのみに必要であった英語が、様々な職種や中小企業においても必要とされる時代になっているのです。

国はこの英語の大切さを認識し、中高でも多くの英語教育の時間を割き、小学校にも英語教育を導入しようとしています。

しかし残念ながら学校の英語教育ではどうしても完全マスターするためには不足する部分があるのです。学校の英語教育に対して文法偏重だと言われますが、旅行での英会話なら文法よりも慣用フレーズなどが重要でしょうが、ビジネスにおいて正しい文章作成する事も必要な事を考えると、文法の基礎も重要です。

ビジネスで活用できる英語学習のためには、学校での英語教育で読む、文法に則り文章を組み立てる、書く学習として十分に活かしつつ、不足する部分の英語学習を自分でカバーする努力をするのがベストでしょう。

やはり不足する項目は、ヒヤリングとスピーキングです。その中でも、ヒヤリングを徹底して行う事が必要で、英語教材、英語の映画などで耳が完全に慣れるまで繰り返す事が必要です。

さらにスピーキングは、やはり生きた会話の中で繰り返し、取得する事がベストで、そうした観点からオンライン英会話や英会話学校に通うのも良いでしょう。日本人が日本語を習得するには、幼児の時から日本語の環境の中で生活し、その上で小・中・高と国語教育を受けて習得しているのです。

ビジネスで活用できる英語を習得するには、これに匹敵する英語学習が必要で、学校教育の内容を少し変える程度では解決するものではないと思います。圧倒的に英語に触れる機会が少ない事をカバーするため、自分でプラスの英語学習の時間を増やす事がやはり重要だと言えるでしょう。