Open City 英語・英会話情報局

将来の海外移住を夢見てる管理人が英語に関する情報や英語学習法などを配信しています。

*

海外旅行に対する憧れと現実について紹介します

      2016/07/01

私が子供の頃というのは海外旅行というのは一部の富裕層がいくモノといったイメージから大分一般家庭へ移行しつつあって、学校の友達の中にも夏休みに海外旅行に行ったとお土産をくれた子とかいましたね。

ですが私の家庭は正直あまり裕福な家庭ではなかったので、夏に家族旅行と言えば両親の実家に顔を出すといった感じでした。ちなみに私の両親は中学校の同級生だったので当然2人の家の距離というのは非常に近かったりします。つまり家族旅行の行き先は常にほぼ1つだけでしたし、福岡のかなり田舎で家の周囲は山や田んぼ、川などが広がっているといった光景でした。

だからその分私は海外旅行に対する憧れは強くヨーロッパとかローマとかギリシャとか行ってみたい場所は沢山あります。ミステリーファンでもあるのでロンドンなども行きたいですね。ですが大学が私立の大学だったので学費の足しにとせっせとアルバイトをしていましたし、入社した会社は接客業だったので土日、祝日、長期休暇の方が忙しくまとまった休みなんて取ることが出来ません。それで結局30代半ばとなってもパスポートすら持っていない有様です。

まあ英語も全然駄目だし、乗り物酔いはするタチなのであまり海外旅行向きではないのかもしれませんが、それでもやはり1度くらいは行ってみたいななんて思うわけです。しかし社会人になるとその機会もなかなかないので若い人には学生時代に海外旅行に行くことをお勧めしますね。

 - 海外旅行 , ,